息子と私の葛藤の日々

こんにちは、カナコです。

息子が不登校になってから、不登校関係の本やサイトを見つけては読みました。「親である私がしっかりしなくちゃ!」という思いが強かったのかもしれません。
きっかけは学校の出来事ですが、もはや学校は息子にとって良くない思い出のかたまりであり、頼ることはできません。

また、周囲の人たちの雰囲気も「不登校は特別なもの」「どうして学校へ行けないの?」という意見がほとんどです。私も、息子が不登校にならなかったら同じように考えていたかもしれません。

しかし、現に息子は苦しんでいる。相談する公的機関もあるけれど、息子はすっかり人間不信になり、家族以外とは「会いたくない」「出かけたくない」と言います。気持ちは分かるので、自宅でそっと見守りながら解決方法をみつけるしかありません。親として、責任重大であると感じました。

まずは、自宅だけでもいいから、自分らしく毎日の生活を送ることが出来るようにするにはどうしたらいいか・・・。それには、学校のことは置いておいて、ひとりの人間として、家族の一員として、息子を認めて接すること。それが基本だと思いました。今まで、外の世界・・・学校で一生懸命戦ってきたのだから、これからは「もう大丈夫だよ」と、安心して過ごせる居場所を作ること、それが一番必要だと考えました。

あとは、時間薬たと信じて、息子を見守るのみです・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です